豊橋競輪場

Close Up! Top 地元選手のテータファイル レーサーインタビュー 応援メッセージ
レーサーインタビュー 豊橋競輪/closeup!地元選手
岡本 総 選手

岡本 総 選手 挑戦したい気持ちに火が付き、サラリーマンから競輪選手になった岡本選手のインタビューです。

選手になったきっかけは?
大学を卒業後、就職してサラリーマンをしていたのですが、何かに挑戦したい気持ちがずっと自分の中にありました。そんな時、高校時代の自転車部の後輩、深谷 知広選手の活躍を新聞で見かけて刺激を受けました。自分の中にあった挑戦したい気持ちに火が付き、高い目標を持って挑戦する競輪選手を目指そうと決意しました。

競輪学校について
練習は周回練習が一番大変でした。一日に同じ場所を100周×何セットと走るので、景色が変わらない場所を長時間走るのが大変でした。競輪学校名物の登坂訓練はダッシュが得意なので、好きな訓練でした。

デビュー戦の思いでは?
自分の中では、緊張していない感じだったのですが、実際走ってみて、“さぁ出るぞ!”というタイミングで既に前に出る足が残っていませんでした(苦笑)。緊張していたみたいです。遠くから応援に来てくれた友達もいたので、悔しかったですね。

デビュー戦を終えて師匠の小林信晴選手からアドバイスはありましたか?
デビュー戦だから緊張もあっただろうけど、もっと自分に自信を持って走るようアドバイスを頂きました。

目標とする選手像は?
金子 貴志選手、深谷 知広選手です。両選手のようにトップクラスで活躍できる選手になりたいです。

105期にライバルはいますか?
同県同期の下岡 優季選手、高橋 信貴選手です。他県の選手の中では先日、一緒に走った堀 兼壽
選手(岐阜)のレースが気になります。

休みの日の過ごし方を教えてください
休みの日は身体を休めたいので、家で映画を観たりすることが多いですね。車に乗ることも少なく、とにかくゆっくりするのが好きですね。

座右の銘を教えてください
“努力は決して裏切らない”ですね。

今後の意気込み
現状の個人成績にふがいなさを感じています。一日でも早く上のクラスに上がって、良いレースを見せられるよう練習を頑張っていきたいと思います。

(取材日・2014年9月)


← 戻る