豊橋競輪場

Close Up! Top 地元選手のテータファイル レーサーインタビュー 応援メッセージ
レーサーインタビュー 豊橋競輪/closeup!地元選手
下岡優季 選手

下岡優季 選手 進路決定の際、陸上競技のコーチの助言を思い出し、競輪選手の道を選んだ下岡選手のインタビューです。

選手になったきっかけは?
大学時代にやっていた陸上競技のコーチに競輪選手を勧められたのがきっかけでした。実は教員免許を持っていて、大学4年で進路決定の時に、教員の道も考えましたが、コーチの助言を思い出し、自分の身体を使って稼ぐ競輪選手になりたいという気持ちが高まり、選手を目指そうと決意しました。

大阪出身の下岡選手、愛知に来られたのはいつごろですか?
大学を卒業した後、愛知の三河安城に引越ししました。本格的に自転車に乗り始めたのもこの頃です。

デビュー戦を振り返って
デビュー戦は頭が真っ白になるくらい緊張しました。前に出ようと思って、気合を入れて踏んだのですが、足が持たず、最後は垂れてしましました。あとは、デビュー戦ではないですけど、後ろについた選手に
“引け”と言われていたのに“行け”と聞き間違えてしまい動いてしまったこともありました(苦笑)。最近はレースの状況を見て、動けるようになってきました。

レース中に注意していることはありますか?
レースだ!本番だ!と思って挑むと力が入りすぎてしまうので、練習だと思って走るようにしています。
その方が、自分にとって自然体で走れる気がします。

目標とする選手像は?
深谷 知広選手と同じ舞台に立てるよう、目標にして頑張っています。

105期にライバルはいますか?
競輪学校では思うような成績が残せなかったので、ライバルといって良いかわかりませんが、105期は全員ライバルだと思っています。105期の中で特に気になるのは、高木 翔選手(岩手)ですね。

休みの日の過ごし方を教えてください
出不精なので、休みの日は寝て過ごすことが多いです。あとは、映画を見ることも好きで、洋画を借りて、家で観ることが多いです。

座右の銘を教えてください
“継続は力なり”です。競輪はもちろんそれ以外のことに関しても何事も継続して続けることでチャンスは訪れると思います。

今後の意気込み
まだまだ力不足、勉強不足ですが、先輩から、そしてレースの中から学んでいきたいです。また特別昇級することを当面の目標に頑張りたいと思います。


(取材日・2014年9月)


← 戻る