豊橋競輪場

まくる君の部屋

競輪酒場「郷愁劇場」


第一話 まくる君語録「まくる君だもの」
第ニ話 煩悩対談「菖蒲の部屋」
第三話 競輪酒場「郷愁劇場」
  第一夜 昔の競輪場
  第二夜 開場ラッシュ
  第三夜 閉鎖された競輪場
  第四夜 競技自転車
  第五夜 脚質:「逃」「両」
  第六夜 脚質:「追」
  第七夜 車券戦術:連単・連複
  第八夜 車券戦術:ナガシ・ボックス
  第九夜 選手の心理
  第十夜 豊橋競輪を考える
第四話 目隈蓮太郎「蓮太郎が行く」

いつも競輪場の三角スタンドからバンクを見つめる男 大外郷愁。
そのミステリアスな競輪哲学を紐といて、今日も競輪を熱く語ります。

第五夜:脚質:「逃」「両」

郷愁自転車やあ皆さん、競輪酒場「郷愁劇場」へようこそ。お相手は競輪哲学詩人『大外郷愁』。
今夜のテーマは『脚質:「逃」「両」』。熱いテーマにいつもより燃えている様子。

競輪について語るのなら脚質というものにふれんわけにはいかんのう。レースの組合せは成績の決まり手などを参考に番組担当者が決定するのじゃ。スポーツ新聞等に表記される脚質の区分は、先行や捲りなどラインの先頭で自分の力で走るのが「逃」じゃ。捲りねらいの選手でも「逃」となるから注意が必要じゃな。そしてラインの二番手以降に位置して前の選手を追走してサポート、最後の直線で交わしにかかるのが「追」となる。もちろん追い込みだけでなく、差しやマークといった脚質や戦法も同義と考えてよいのじゃ。そして展開次第では自分で先頭を走ることもあるし、上手く空いた選手が有ればマークの走りもするというのが「両」じゃな。自在と表現される事も多いのう。

レースの展開を読むにあたって、まずは選手9名のうち「逃」のついた先行選手が何名いるかを確認し、その選手の登録地区をチェックするのじゃ。同地区から2名以上の「逃」選手が参加していたら、その力関係などを確認するのじゃな。それぞれの「逃」選手に「追」の選手を組み合わせてラインを作っていき、うまく二分戦、三分戦、四分戦などに組み立てられたら、いよいよそれぞれの「逃」選手のデータチェックに入るのじゃ。

同じ「逃」選手の中にも「徹底先行型」もあれば「捲り主体」という選手もあるのじゃ。ラインの先頭についた「両」の選手の動きにも要注意じゃな。番手ならきっちり番手の仕事をするが、前で駆ける時には下手な「逃」選手よりも思いっきり良く先行する選手も少なくないのじゃ。

ここですこし「両」の選手の気持ちについてもふれておこう。もともとは「逃」選手として活躍していた選手達が「両」へ切り替えるとき、それはやはり加齢と共に脚力、特に持久力に衰えを感じはじめた証と言えよう。じゃがそれ以外に、同地区に有望な自力選手が育ってきた場合、その選手と同乗した際に番手を主張しやすくするために「両」とする場合もあったりするのじゃ。同地区でも「逃」選手の番手を「逃」の選手が主張すれば、他ラインには攻め込まれるし、同ラインでも並び順に意見されやすかったりするのじゃ。もちろん「両」といっても、番手、追い込み選手としてそれなりの実績を見せていかないと、周囲はなかなか自在選手としては見てくれず、力の衰えた「逃」選手という扱いを受けてしまうのじゃ。何でもできるから「両」なのか、どっちつかずだから「両」なのか、それがポイントじゃな。

さあ、今日はもう暖簾をしまって店じまいじゃ。オークションをチェックせにゃいかんでの。