豊橋競輪場

まくる君の部屋

競輪酒場「郷愁劇場」


第一話 まくる君語録「まくる君だもの」
第ニ話 煩悩対談「菖蒲の部屋」
第三話 競輪酒場「郷愁劇場」
  第一夜 昔の競輪場
  第二夜 開場ラッシュ
  第三夜 閉鎖された競輪場
  第四夜 競技自転車
  第五夜 脚質:「逃」「両」
  第六夜 脚質:「追」
  第七夜 車券戦術:連単・連複
  第八夜 車券戦術:ナガシ・ボックス
  第九夜 選手の心理
  第十夜 豊橋競輪を考える
第四話 目隈蓮太郎「蓮太郎が行く」

いつも競輪場の三角スタンドからバンクを見つめる男 大外郷愁。
そのミステリアスな競輪哲学を紐といて、今日も競輪を熱く語ります。

第八夜:車券戦術:ナガシ・ボックス

競輪道ビデオやあ皆さん、競輪酒場「郷愁劇場」へようこそ。お相手は競輪哲学詩人『大外郷愁』。
今夜のテーマは『車券戦術:ナガシ・ボックス』。前回とはうってかわって競輪新聞がびりびりに破り捨ててあります。

やあ、またまたあんたか、今日はご機嫌じゃのう。わしのほうはさっぱりじゃて、ほんとうに今の若い選手達はわしら年寄りからすると信じられんような競走をしよるのう。たとえば今日の9レース、準優勝戦。後ろに同県の大先輩二人もつれて行くそぶりなし。最終バックでやっと後団の捲りにのって踏み出して、最後のびてタイヤ差一着。先輩二人はきれいに着外。展開とはいえせめて先捲りはしてもらわんと、裏中心、ズブズブまで押えてたこっちのみにもなってもらいたいもんじゃ。

そんな業突く張りな選手がいるレースで便利なのが「ナガシ」車券じゃな。ひとつの着の目だけ決めておいて、そこから全ての目に均一投票する賭式じゃの。当然複式には「ナガシ」は無いから要注意じゃ。今ひとつ読めないが、どんな展開になろうともあの選手だけは間違いなく1着にくるという時は迷わず1着ナガシじゃの。そしてオッズを確認して、当たっても元本割りしそうな目があれば買い足しておくのがポイントじゃな。「ナガシ」車券には2連単で2着ナガシ、3連単なら3着ナガシまであるのじゃ。じゃから連には絡んで勝ち上がってきそうじゃが、どうも1着に来るきはしない選手というのがおるじゃろう。そこいらをねらってみると、けっこう愉快な車券戦術といえそうじゃの。

一方の「ボックス」じゃが、こちらは2連勝なら2着まで、3連単じゃと3着までを選択した目同士の組み合わせで全通り均一に投票する賭式じゃの。仮に4つの目を選択したとする場合、2枠複・2車複なら6通り、2枠単・2車単となるとその倍の12通りじゃ。それが3連複じゃと4通り、ところが3連単じゃと24通りにもなってしまう。しっかり計算して投票しないと当たってもマイナスどころか、窓口であわてて恥ずかしい思いをする事にもなりかねないのう。

ちなみにボックス投票、2枠単、2枠複で4・5・6の組枠を選んだ場合ゾロ目は含まれないので要注意じゃ。4-4とかを押えたければ別に投票しなければならないという事じゃ。これは玄人衆でも見落としがちじゃから気をつけるのじゃぞ。

お気づきじゃろうがナガシもボックスも実はマークシートの綾のようなもので、何も特別な車券というのではないのじゃな。通常のマークシートでも同じ投票ができるのじゃ、めんどくさいだけじゃの。ポイントは何でもかんでも総ナガシにや総絡めにせず、ありえないと思われる目をひとつ、ふたつと外していくことがベテランの裁量というものじゃな。ま、そのひとつ外した目にズッポリとはまったのが今日のわしじゃがの。悔しくて眠れそうに無いので今夜は暖簾をしまって、競輪のビデオでも借りてきて観るとしよう。どうせ無いじゃろうがな。