豊橋競輪場

まくる君の部屋

目隈蓮太郎「蓮太郎が行く」


第一話 まくる君語録「まくる君だもの」
第ニ話 煩悩対談「菖蒲の部屋」
第三話 競輪酒場「郷愁劇場」
第四話 目隈蓮太郎「蓮太郎が行く」
  第一話 豊橋駅前
  第二話 路面電車
  第三話 正門
  第四話 バトンタッチ
  第五話 イベント広場
  第六話 豊橋バンク
  第七話 メインスタンド
  第八話 場内散策
  第九話 競輪場界隈
  第十話 豊橋紹介

豊橋競輪場の内部から近隣観光名所まで、とかく露出の少ない控えめキャラ目隈蓮太郎が暇に任せて、美しくない日本語にお国訛りを交えてレポートします。どうぞお楽しみに!

第二話:路面電車

路面電車ち~すっ、目隈蓮太郎です。今回は豊橋駅から路面電車に乗って豊橋競輪場まで向います。便利な無料バスとは違ったお楽しみがレポートできたらと思っとるんだけどどうかなぁ。

前回の豊橋駅東口、ベデストリアンデッキの広場部分をこえたあたりの左手にあるエレベータか階段で地上に降りるとそこは路面電車のりば、豊橋駅前電停だでね。豊橋の路面電車はみんな市電(しでん)って呼んどるで僕もそう呼ぶでね。豊橋駅前電停には「競輪場前行き」の他に「赤岩口行き」と「運動公園前行き」の三種類があるけど、競輪場前電停にはどれに乗っても止まるで安心だでね。

料金は何処まで乗っても共通の150円。子供は80円だでね。駅前電停にある販売機でキップを買ってもいいし、現金でもいいもんで、電車に乗ったらすぐに料金箱に入れりんね。

そのうち車体をガタンと揺らして出発するでね。最初は駅前の大きい通りを悠々と進んで「駅前大通」「新川」とすぎて左折、「札木」を越えたら右折して、なんと国道1号線に突入して「市役所前」、豊橋の名所なのかな、吉田城や公会堂などもここが最寄駅だでね。ほんで「豊橋公園前」「東八町」と過ぎてゆるやかに左折して国道1号線を離れて「前畑」、ここから坂道を唸りながら登っていくじゃんね。登り切ったところが「東田坂上」そして「東田」。そしていよいよ「競輪場前」。電車が止ったら車輌の左側中央の扉から降りるんだけど、安全地帯が無いから道路の車がちゃんと停止しているか確認してから降りりんね。信号が青でも路面電車の乗客が昇降中は電車の後ろで停車しなければいけないんだけど、なかにはそんな交通規則を覚えてない人も多いもんでね。

市電を降りたらその交差点を北にまっすぐ500m。ぼちぼち歩いて15分位で南門が見えてくるでね。ここから入ったほうがメインスタンドやバンクゴール線周辺は近いけど、今日はちょっと待ち合わせがあるのでそのまままっすぐ行って正門に向うでね。壁に描かれたイラストやポスターをながめながらぽちぽち歩いて正門前到着!じゃ、今回はここまで。次回は正門で待ち合わせて入場だでね、たのしみにしとってね。ほんじゃあね。