豊橋競輪場

まくる君の部屋

目隈蓮太郎「蓮太郎が行く」


第一話 まくる君語録「まくる君だもの」
第ニ話 煩悩対談「菖蒲の部屋」
第三話 競輪酒場「郷愁劇場」
第四話 目隈蓮太郎「蓮太郎が行く」
  第一話 豊橋駅前
  第二話 路面電車
  第三話 正門
  第四話 バトンタッチ
  第五話 イベント広場
  第六話 豊橋バンク
  第七話 メインスタンド
  第八話 場内散策
  第九話 競輪場界隈
  第十話 豊橋紹介

豊橋競輪場の内部から近隣観光名所まで、とかく露出の少ない控えめキャラ目隈蓮太郎が暇に任せて、美しくない日本語にお国訛りを交えてレポートします。どうぞお楽しみに!

第三話:正門

正門ち~すっ、目隈蓮太郎です。今回は正門前である男と待ち合わせじゃんね。上手く落ち合えるといいだけどどうかな。ほんとうは中に入って待ち合わせれば簡単なんだけどちょっと事情があるじゃんね。へへへ

さてさて正門前に着いたけどまだ奴は着いてないみたいじゃんねぇ。正門は昨年の改修でレトロ調になってて競輪場てよりどこかの博物館かテーマパークの入口みたいじゃん。でも競輪新聞売場もレトロでなかなか頑張ってる。入場料は50円、本場開催じゃなければ無料なんだ、知らんかった!入場券は券売機で買って自動改札、管理上の事情かな?

正門を過ぎて北、朝倉川に向かうと右に駐車場が広がっとるじゃんね。結構混雑するんで場内の一方通行とかの決まりをしっかり守ってお互い快適に利用したいよね。その駐車場の真中くらいに早朝前売場があるじゃんね。

駐車場をもっと東へ進んでいくと選手宿舎の北側を回りこんで、隣接する東田球場外周の土手道に登れるじゃんね、この土手の道を西に、東田球場を左手に進むと選手宿舎の正面から東側入口にでるじゃんね。バックスタンドが閉鎖されてるのがちょっと残念だけど送迎バスののりばなどもあってなじみ深い場所だよね。さあさあ、気がついたら競輪場の周りを一周しちゃいました。さすがに奴はもう着いてるだろうな。いそいで正門に戻らんと!道路沿いを小走りに北に向って正門前、おったおった、待ち合わせの奴が。

「おみゃぁどんだけ待たせば気ィ済むんでゃあ!」

さあ、この男はいったい誰でしょう、答えは次号、ほんじゃあね。