豊橋競輪場

まくる君の部屋

煩悩対談「菖蒲の部屋」


第一話 まくる君語録「まくる君だもの」
第ニ話 煩悩対談「菖蒲の部屋」
  第一回 ゲスト:まくる君
  第二回 ゲスト:ひきつづき まくる君
  第三回 ゲスト:カケル君
  第四回 ゲスト:ひきつづき カケル君
  第五回 ゲスト:さらにひきつづき カケル君
  第六回 ゲスト:大外郷愁氏
  第七回 ゲスト:ひきつづき 大外郷愁氏
  第八回 ゲスト:有金為蔵氏
  第九回 ゲスト:目隈蓮太郎選手
  第十回 ゲスト:フルキャスト勢揃い
第三話 競輪酒場「郷愁劇場」
第四話 目隈蓮太郎「蓮太郎が行く」

まくる君いよいよ始まりました、煩悩対談「菖蒲の部屋」
みなさんご存知の細井菖蒲が煩悩の粋を結集して豊橋競輪おとぼけキャラクター軍団と徹底対談、おたのしみに。
第一回 ゲスト:まくる君

「今回のゲストは対外的にはメインキャストとなっていますまくる君です」
「対外的にってのはひどいよ、菖蒲ちゃん」
「でも実際問題、ピンではキャラが立たなくて使いづらいって話よ」
「・・・」
「ショックだった?」
「う、うん、、、ちょっと、、、」
「気にしないで、私が横に並べばちゃんと絵になるから」
「あいかわらず、すごい自信家だね」
「事実を直視してるってことよ」
「わかりました」
「で、何を話したいの?」
「それは、菖蒲ちゃんが聞いてくれないと」
「そういうもんなんだ」
「たぶんそうだよ」
「勉強不足だったわ、反省しなくちゃ」
「まだ1回目だからね、しょうがないよ」
「そうね」
「・・・」
「初めてなんだから無理ないわよね」
「立ち直り早いね・・・」
「持ち味」
「菖蒲ちゃんの?」
「そう」
「見習いたいな」
「いいわよ」
「え?」
「わたし、まくる君のいつまでも失敗を引きずる性格がダメだと思うの」
「ダメって・・・」
「競輪でいまいち頭打ちなの」
「たしかに」
「すんだ事はパァーっと忘れて次の斡旋に向けて頑張ろうよ」
「そうだね、元気でてきたよ」
「じゃあ対談もこれで切り上げて、さぁ、街道練習にでも行って来なさい」
「うん!ちょうど自転車も積んでるし、いってくるよ」
「がんばってね!おつかれさま」
「さぁ、やるぞ~!」
「ところでさぁ、まくる君」
「なに?」
「こないだの準決勝戦、なんであんなところでバック踏んだの?」
「エッ!」
「去年の記念でも同じミスして、散々言ったじゃないの?」
「ギクッ」
「だからキャラの立たないマスコットなんていわれるのよ」
「・・・」
つづく