豊橋競輪場

まくる君の部屋

煩悩対談「菖蒲の部屋」


第一話 まくる君語録「まくる君だもの」
第ニ話 煩悩対談「菖蒲の部屋」
  第一回 ゲスト:まくる君
  第二回 ゲスト:ひきつづき まくる君
  第三回 ゲスト:カケル君
  第四回 ゲスト:ひきつづき カケル君
  第五回 ゲスト:さらにひきつづき カケル君
  第六回 ゲスト:大外郷愁氏
  第七回 ゲスト:ひきつづき 大外郷愁氏
  第八回 ゲスト:有金為蔵氏
  第九回 ゲスト:目隈蓮太郎選手
  第十回 ゲスト:フルキャスト勢揃い
第三話 競輪酒場「郷愁劇場」
第四話 目隈蓮太郎「蓮太郎が行く」

菖蒲ちゃんいよいよ始まりました、煩悩対談「菖蒲の部屋」
みなさんご存知の細井菖蒲が煩悩の粋を結集して豊橋競輪おとぼけキャラクター軍団と徹底対談、おたのしみに。
第二回 ゲスト:ひきつづき まくる君

「全十回の予定だから、この対談」
「・・・」
「おとぼけキャラクター軍団って4~5人だったでしょ」
「・・・」
「だから、まだ帰ってもらっちゃ困るんだって」
「・・・」
「何か返事してよ」
「う、うん」
「何よ、なにが言いたいわけ」
「いや、先回の対談の最後で」
「最後で?」
「済んだ事は忘れて切り替えようってことになったんだよね」
「そうよ、素晴らしいじゃない」
「それで僕も気持ちを切り替えられたと思ったんだけど」
「そうね、元気になってたわよね」
「でもそのあと、菖蒲ちゃんが昔の競走での僕の失敗をもちだして」
「そうだったかしら・・・」
「キャラが立たないなんて話までぶりかえして・・・」
「それでへこんでたんだ」
「うん」
「悪かったわ、反省する」
「いや、別に、そんな・・・」
「・・・」
「・・・」
「反省した」
「もう?」
「うん、完全復活」
「切り替え、早ッ!」
「持ち味」
「えっ!」
「見習いたい?」
「それじゃあダメだよ」
「何が?」
「先回と同じオチになっちゃうよ」
「そう・・・、それはまずいわね」
「どうしようか」
「何か考えてよ」
「司会は菖蒲ちゃんだよ」
「使えない男ねぇ」
「そんなぁ~」
「ピンではキャラも立たないし」
「結局そこかぁ」
「次回ゲストはカケル君です。」
「終わり?」
「そう」
「こんなんでいいの?」
「うん、どうせあなたは最終回にも呼ぶから」
「そうなんだ」
「うれしい?」
「微妙・・・」