豊橋競輪場

まくる君の部屋

煩悩対談「菖蒲の部屋」


第一話 まくる君語録「まくる君だもの」
第ニ話 煩悩対談「菖蒲の部屋」
  第一回 ゲスト:まくる君
  第二回 ゲスト:ひきつづき まくる君
  第三回 ゲスト:カケル君
  第四回 ゲスト:ひきつづき カケル君
  第五回 ゲスト:さらにひきつづき カケル君
  第六回 ゲスト:大外郷愁氏
  第七回 ゲスト:ひきつづき 大外郷愁氏
  第八回 ゲスト:有金為蔵氏
  第九回 ゲスト:目隈蓮太郎選手
  第十回 ゲスト:フルキャスト勢揃い
第三話 競輪酒場「郷愁劇場」
第四話 目隈蓮太郎「蓮太郎が行く」

カケル君いよいよ始まりました、煩悩対談「菖蒲の部屋」
みなさんご存知の細井菖蒲が煩悩の粋を結集して豊橋競輪おとぼけキャラクター軍団と徹底対談、おたのしみに。
第三回 ゲスト:カケル君

「今回のゲストは徹底先行の伊達男、カケル君です」
「こんにちは、矢鱈カケルです」
「先日の記念では 1,1,1 での優勝、おめでとうございます」
「ありがとうございます」
「2日目の準決勝ではちょっと危ないシーンがありましたね」
「仕掛けが遅れてあわててしまいました」
「結局まくる君が後手を踏んでくれたおかげで抜け出せたと」
「そうですね、救われました」
「これで賞金も大台に乗せてきました」
「いやぁ、まだまだ上にたくさんおみえになりますから」
「それでも、もともと裕福なお家柄のうえに、独身でいらっしゃる」
「裕福かどうかはなんとも、でも一人身ではあります」
「賞金の使い道なんかに困りませんか?」
「選手生命は短いですから、その後の生活に向けての準備を考えています」
「頂点を目指そうという選手がそんなことでどうするんですか!」
「エッ!?」
「一流選手は競輪のことだけ考えていればいいんです。」
「はぁ」
「お金のことや将来のことは私に任せてみませんか?」
「マネージメント契約という事ですか?」
「そういう方向でもOKですよ。」
「と言いますと、他には?」
「生涯就職といいますか・・・」
「け、け、結婚といふことですか?」
「してあげてもいいかな、っと」
「す、すごい自信ですね、で、でも、まくる君がなんといふだらうか?」
「今のところ、彼に権利は無いわ」
「さうなんだ、まくる君は思ひこみがはがげしひかならぁ」
「カケル君ならひとつ約束してくれれば考えてもいいわ」
「さらに条件提示、噂にたがわぬ、すごひ自信家だぁぁぁっ」
「30歳までに必ずG1を取って賞金を私にプレゼントすると約束して!」

強引な菖蒲ちゃんのガブリ寄りにたじろぐカケル君、待て次号