豊橋競輪場

まくる君の部屋

煩悩対談「菖蒲の部屋」


第一話 まくる君語録「まくる君だもの」
第ニ話 煩悩対談「菖蒲の部屋」
  第一回 ゲスト:まくる君
  第二回 ゲスト:ひきつづき まくる君
  第三回 ゲスト:カケル君
  第四回 ゲスト:ひきつづき カケル君
  第五回 ゲスト:さらにひきつづき カケル君
  第六回 ゲスト:大外郷愁氏
  第七回 ゲスト:ひきつづき 大外郷愁氏
  第八回 ゲスト:有金為蔵氏
  第九回 ゲスト:目隈蓮太郎選手
  第十回 ゲスト:フルキャスト勢揃い
第三話 競輪酒場「郷愁劇場」
第四話 目隈蓮太郎「蓮太郎が行く」

目隈蓮太郎選手いよいよ始まりました、煩悩対談「菖蒲の部屋」
みなさんご存知の細井菖蒲が煩悩の粋を結集して豊橋競輪おとぼけキャラクター軍団と徹底対談、おたのしみに。
第九回 ゲスト:目隈蓮太郎選手

「さてさて今回のゲストは、とかく謎の多いキャラ、目隈蓮太郎選手です。」
「はじめまして、目隈蓮太郎です。よろしくお願いします。」
「目隈選手は現存キャラのうち最も最後に登場されたキャラですよね。」
「はいそうです。『めぐまれんたろう』という名前は当初からでてたんですよ。」
「そうなんですか、なんだかさえない名前ですね。」
「はっきり言いますね。たしかに“ダメキャラ”が必要で実現したんですけどね。」
「君とかちゃんじゃなくて、『選手』という称号でいいんですよね。」
「そうです。年齢的にも『まくる君』や『カケル君』よりちょっと上の設定です。」
「カケル君とまくる君は同県の異なる競輪場の所属となってますが目隈さんは?」
「元々はカケル君と同場だったのですが結婚して嫁さんの実家に同居するようになってまくる君と同場となりました。名字も変りましたら気がついてない方も多いです。」
「結婚前の名字は何だったのかしら?」
「大掛(おおがけ)と言いました。大掛蓮太郎だったんです。」
「まぁ、なんて威勢のいい名前なんでしょう。大駆けして連に絡むなんて!」
「それが『恵まれん太郎』ですからね、へこみますよ、実際。」
「確かに。成績のほうは結婚前後で変りましたか?」
「結婚前、カケル君の番手で自在に働いて、ワンツーも良く決めました。」
「それも結婚&移籍でカケル君の番手も主張できなくなって、、、」
「まくる君の後ろで不発だったり追走いっぱいだったり、苦戦続きです。」
「先の記念決勝戦ではカケル君、まくる君と同乗でしたが?」
「二人が折り合ってくれれば三番手でもよかったんですけどね。」
「結局二人は別線で、目隈選手はカケル君の番手を回りましたね。」
「まくる君憮然としてましたが、やはり先行選手の番手は魅力ですからね。」
「で、遠征組にインで粘られ、さらにアウトからまくる君にあんこにされて。」
「仕方なく一車引いてまくる君の後へ、最初から折り合ってれば早かったのに。」
「結局まくる君が飛ばされて、そのまま外、外と泳がされて終わり。」
「まくる君には先着しましたけどね。あとカケル君もズブズブで3着。」
「やっぱり地区でしっかり結束しないとって、皆さん反省してましたね。」
「でもあれから二人とも、ますます僕に冷たくなった気が、、、」
「そういえば目隈さんは競争中の選手宿舎が大好きだそうですが。」
「ええ、というか家が嫁さんの実家なんで、そっちのが落ち着かんのです。」
「本当に『恵まれん太郎』さんなんですね。なんだか気の毒になってきました。」
「ありがとうございます。また僕から車券買ってみてください。」
「きっと買わないと思いますけど、今日はありがとうございました。」